1本の髪で毛先が白髪、根元が黒髪、これってなんで?

白髪は白髪。

黒髪は黒髪。

普通そう思いますよね?

ところが、白髪の中には髪1本の中で毛先が白髪、根元が黒髪、こんな髪って見たことありませんか?

または逆に毛先が黒いのに根元が白、そんな毛もあります。

 

スポンサーリンク

 

1本の髪には自分の現在と過去が映し出されています

髪は平均して1日約0.3mm伸びると言われています。

1か月約1cm。

ということで1年で約12cm伸びます。

根元は現在を、毛先に行けば行くほど過去の自分の体調を表しています。

毛先が白髪、根元が黒髪

前述したように、毛先は自分の過去を表しているので、毛先が白髪ということは過去、ストレスがかかっていたり、頭皮の血流が悪かったり、なんらかの体調の変化により白髪になっていたということがわかります。

しかし根元が黒髪に戻っているということは、それが解消されたという証拠。

現在、健康に戻ったという証です。

 

毛先が黒髪、根元が白髪

しかし逆に毛先が黒髪なのに、根元が白髪という場合は現在なんらかのストレスがかかっていたり、体調が悪くなっているという他に、単純に加齢などで白髪へと変わってしまったことも考えられます

心当たりがなければ年齢や遺伝での変化かもしれませんので、あまり不安に思うことではないですが、その場合また白髪が黒髪へと変わる可能性は少ないです。

ですので、毛先が白髪で根元が黒髪の場合に限り、元の黒髪へと戻る可能性があります!!

 

髪が白黒白黒のストライプに!これってなぁに?

 

スポンサーリンク


まれに、1本の髪の毛がただ白から黒へと変化しているだけでなく、白黒白黒のストライプになっている方がいます。

これは「白輪毛(はくりんもう)」といい、はっきりした原因はまだ解明されていないようですが、以下のようなことが考えられます。

関連記事:1本の髪が白黒のストライプに!【白輪毛(はくりんもう)」】の原因は?

 

・遺伝子異常(毛髪のところどころに空洞ができてしまう)

・メラニン色素異常

・栄養不足

・ストレスが断続的に起こっている

・ブラッシングなどの強い力が加わっている

白輪毛を改善させるには、上記のような思い当たる原因を突きとめ、まずは改善できることからはじめるといいです。

なんらかの病気が原因で思い当たることがあれば病院に受診し、適切な薬を処方してもらうことをおススメします。

亜鉛やビタミン剤などのサプリメントを摂るのも有効です。

 

1本の髪色の変化は単純なものから複雑な遺伝的なものなど、さまざまな要因が隠されている場合があるので、そのような毛を発見したら自分自身の体調をよく観察し、健康的な生活を過ごし、もし体調の変化などあるようでしたら早めに病院への受診をおススメします。

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  4. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…
  5. 2017-6-20

    炭酸シャンプー【Le ment(ルメント)】実際に試してみた検証レビュー!

    山田優さんやダレノガレ明美さんなど、数々の有名女優さん達も愛用しているという炭酸シャンプー【Le m…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
ページ上部へ戻る