髪がザラザラ白い砂のような結節【砂毛(さもう)】

【砂毛(さもう)】とは?

「砂毛」という言葉を聞いたことはありますか?

女の子の髪の毛の1本の髪に5~6個の紡鐘形の灰色がかった白い砂のような小さな結節がつくというものです。

指でしごくとザラザラと皮膚が傷つくような感覚があるそうです。

砂毛菌という皮膚糸状菌の寄生によるもので、高湿度で増殖します。

害を及ぼすわけではないですが、その手触りから非常に不快なようです。

免疫力低下を招いてしまうような疾患で、免疫抑制剤を使用中であったり、加齢に伴い体力が衰えた時など免疫力の低下によって、通常であれば免疫力によって抑えられているような病原性の低い常在菌が増殖jすることにより起こるものです。

ヘルペスやカンジダ症などもこのような免疫力低下に伴い発症するものです。

 

 

【砂毛】の種類

●白色砂毛(はくしょくさもう)

温帯~熱帯地方にみられます。

白い砂状の結節を作る他、免疫不全者に日和見感染し、トリコスポロン症を発症することがあります。

※日和見感染とは、健康な人であれば感染症を起こさないような病原体が原因で発症する感染症のことです。

 

●黒色砂毛(こくしょくさもう)

熱帯地方にみられます。

黒色で砂状の白色砂毛より硬い小結節をつくります。

 

 

【砂毛】と似ているもの

●ヘアキャスト

毛髪が無理に引っ張られることで毛根鞘(毛包)の一部が切れ、それが毛についたまま成長したもので、毛の周囲を一周とりまくように見える白いものです。

日ごろから髪の毛を結んだりまとめている人に多くみられます。


出典:しんどう皮ふ科アレルギー科

 

●アタマジラミの卵

アタマジラミは人間の頭に卵を産み付けて寄生するシラミの一種です。

卵は爪で強くしごかないとなかなか取れません。


出典:中島医院

関連記事:洗ってもなかなか取れないフケは【アタマジラミ】かも?!

 

●ヘアスプレーのカス

ヘアスプレーに含まれる成分の被膜形成剤が毛髪に付着した際に溶剤であるエタノールが蒸発して固まったために髪に媚びりついているスプレーカスです。

 

 

改善方法

●抗真菌薬

●幹部の毛を剃る

 

 

しかし1921年以降、この砂毛は確認されていません

1960年に1例だけ12歳の女の子から発見されたという報告があったそうです

以降50年以上経った今でもその後の報告例はありませんのであまり深く考えなくていいですが、実際に存在している菌によるものなので、いつ何時自分の髪や身近な人に発症してしまうことがあるかもしれません。

そんな時頭の片隅に「そういえばこんな症状あったなぁ~」と記憶に留めておいて頂ければ幸いです。

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  4. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…
  5. 2017-6-20

    炭酸シャンプー【Le ment(ルメント)】実際に試してみた検証レビュー!

    山田優さんやダレノガレ明美さんなど、数々の有名女優さん達も愛用しているという炭酸シャンプー【Le m…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
ページ上部へ戻る