温泉に置いてあるシャンプーで洗うと【髪がギシギシ】するのは何故?

皆さんは温泉に行った時に備え付けのシャンプーは使っていますか?

大抵「髪がギシギシする」という人が多いです。

ではなぜ温泉に置いてあるシャンプーを使うと髪はギシギシになるんでしょうか?

 

髪がギシギシする原因1:洗浄力の強いシャンプー

現在市販のシャンプー剤は、特に女性に向けて作られている商品です。

女性は頭皮の皮脂も男性に比べ少なく、皮膚はデリケート。

そのため洗浄力が弱めのものを使用していたり、女性は男性に比べ髪の長さが長いため、油分も多く髪がきしみにくい成分で作られているものが多いです。

特に美容院で使われているものや、市販のシャンプーはこの傾向が強く、普段からこのようなシャンプーに慣れている女性にとって洗浄力の強いシャンプーは髪がギシギシしたように感じてしまうはずです。

 

逆にメンズ用のシャンプーとして販売されているものは、そのほとんどが洗浄力が強めの界面活性剤を使用しています。

現在メンズ用シャンプーで多く使用されているのは「ラウレス硫酸Na」です。

女性にとっては洗浄力が強すぎるとして「よくないもの」とされていますが、皮脂の分泌量が女性より多い男性にとっては、逆に普段女性が使われているシャンプーだと皮脂が残りやすく、かゆみや頭皮トラブルなどに繋がりやすいのです。

髪がギシギシする原因2:安価なシャンプー

やはり値段はウソをつきません。

特に日帰り温泉や銭湯などは、業務用で詰め替え用の値段の安めのものを使っているところが多いです。

逆に値段が高いと言うことはそれだけ高価な原料のものが入っていたり、髪にいいものが加えられているからです。

しかし値段が安いからと言って、髪に悪いものと言うわけではないです。

シャンプーを製造、販売するためにはそれなりの基準というものがあり、それにクリアしたものです。

1 化粧品の定義(法第2条第3項)

 化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいいます。

例)化粧水、香水、口紅、シャンプー、化粧石鹸など

※ この化粧品の定義にそぐわないものや、次の化粧品の効能の範囲をこえるものは、医薬品又は医薬部外品に該当する場合もあります。

シャンプーは化粧品として扱われていて、厚生労働省のHPでも詳しく記載されています。

 

髪がギシギシする原因3:使う側の問題

普段からそのようなシャンプーに慣れているかいないかにもよるのではないでしょうか?

現在はシャンプーも開発が進み、一般的な市販シャンプーの価格も年々上がってきているような気がします。

そのようなシャンプーを日ごろから使っている人(特に女性)にとっては、油分が少なかったり、洗浄力の強いシャンプーを使うことに慣れていないと、余計髪のギシギシ感を感じるのではないでしょうか?

先ほど男性には男性用のシャンプーがいいと書いたように、人それぞれ、向いているシャンプー、向いていないシャンプーというのがあります。

なので温泉などに行かれる際はご自分に合ったシャンプーを持ち込まれるのが一番です。

女性の利用客は、9割ぐらいシャンプーとコンディショナーを持参してます。
ボディソープは7割ぐらいの持参率かな。
若い人ほど持参する人が多いです。
やはりリンスインは、クシ通り良くはないですし使いなれた物の方が良いですから。
持参しない人は、髪が凄く短いとか薄いとかの中高年の方に多い。

因みに男性客は、半々ぐらいですね。
備品の減りは男女で随分違います。

出典:Yahoo!知恵袋

髪がギシギシする原因4:温泉成分

現在は日帰り温泉でも、本当の温泉(源泉)の有る施設が多いです。

さすがにシャンプーをする際は水道水を使用されているとは思いますが、温泉に髪が垂れてついてしまったりしていた場合、その温泉の成分により髪はきしみやすくなります。

髪はPH4.5~5.5の弱酸性です。

しかし日本の温泉はその大半がPH8程度のアルカリ性と言われています。

アルカリ性になるとどうなるか?

キューティクルが開いてしまうため、髪はギシギシなりやすくなってしまうのです。

なのでなるべく温泉には髪がつかないように入りましょう。

スポンサーリンク

髪がギシギシする原因5:サウナ

温泉施設にはサウナがついているところが多いですよね?

温泉に入りながら一緒にサウナに入る方も多いのではないでしょうか?

サウナの温熱効果は身体や頭皮の血行がよくなるため、髪にもいいと思われがちですが、あの高温は髪の毛自体には良くありません。

唇をなめていると乾燥してしまうように、髪も高温の中では毛髪内部の水分が蒸発しやすく乾燥してパサつきやすくなってしまうのです。

なのでサウナに入る際は髪にぬれタオルなどを巻いておくなど対策を心がけてください。

 

温泉のシャンプーを使うとなぜ髪がギシギシするのか?

シャンプー自体の問題でもありますし、このように実は温泉の成分やサウナなどの問題も兼ねている場合があります。

ギシギシするのが気になる場合は、ご自分の日ごろから使いなれたものを持参するようにして、温泉に髪がつかないようにしっかりとまとめて入ってください。

もしご自分のシャンプーを持参するのが面倒な場合は、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)などだけでも持参し、乾かす前につけられると、それだけでもずいぶん変わると思います。

0

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2018-5-25

    本当はいいの?悪いの?髪や肌にいいとウワサの【ケイ素】はシリコン?!

    最近頻繁にシャンプーなどの宣伝文句として記載されている「ノンシリコン」 ノンシリコン、ノンシリ…
  2. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  3. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  4. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  5. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 最近頻繁にシャンプーなどの宣伝文句として記載されている「ノンシリコン」 ノンシリコン、ノンシリ…
  2. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  3. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
ページ上部へ戻る