【うなじ・襟足(えりあし)脱毛】を失敗しないために!美しいうなじとは?

脱毛ブームの現代、うなじ【襟足(えりあし)】の脱毛をされる方も多いですよね?

しかし、女性のうなじには昔から「美」とされる法則があるのをご存じですか?

脱毛をしてしまってからでは遅い!

まずは先に女性のえりあしについてご紹介していきます。

 

女性の美しいえりあしとは?

昔から女性のえりあしには美しいとされる形があります。

それは「みつえり」です。

着物を着たときに3枚の着物の襟が少しだけ見えるように着られることから、カット時に注目される襟足の両側のいちばん下の部分を指して「みつえり」と呼びます。
カットをするとき、頭部の骨格の基準になる部分のひとつで、形状に個人差があり生え癖の多い部分のため、カットをするときに気をつけなければならないポイントのひとつです。
カットの時ばかりではなく、ヘアスタイルによっては「みつえり」まで丁寧に処理することが必要です。とくに癖の強い髪質の方はシャンプー後に「みつえり」周辺を丁寧にブローすることで髪の収まり具合が変わってきます。
セルフカール時にも丁寧に髪を分けてカールをつけることでヘアスタイルに自信が持てます。えりあしのおくれ毛を気にしてセルフシェービングする方がいますが「みつえり」周辺は慎重に行ってください。
気になる部分をすべて処理してしまうと不自然になりかねません。大きな三面鏡などを用意してよく確認しながら、自然で綺麗なWの字になるように仕上げましょう。
生え癖に個人差のある「みつえり」は、主に男性の場合は下方向に、女性は上方向に生えていることが多いようです。思い切ってアップスタイルにすると案外気にならず、新鮮な自分を発見できるでしょう。

引用:Hot Pepper beauty

人によりうなじの形はさまざまですが、大抵の方は髪をアップにした時、両サイドが下の方に伸びていて後ろから見た時、富士山のような形になっていると思います。

この形をきれいに残しつつ、髪から必要な産毛を残した形を「みつえり」といい、女性の美しいえりあしと言われています。

この両サイドにある長い部分には、実は女性の首筋を細く美しく見せてくれる役割があり、とても必要なものです。

浴衣や着物を着た時、またアップヘアにした時などに最も美しいうなじを演出してくれるのも、この「みつえり」のおかげなんです。

人によりさまざまな「みつえり」がある?!

この「みつえり」にも人によりさまざまな形があります。

首の太い人や細い人、髪が太く量が多い人や髪が細く少ない人、また体毛の濃い人や薄い人などの違いにより、うなじにもさまざまな形があります。

体毛の薄い人はうなじも薄く、またもともとみつえりの形に生えていない人や、みつえりの長い人、短い人などさまざまです。

逆に体毛の濃い人は首筋に産毛が多く生えていて、どこまでがみつえりなのかわからないなんていう人もいます。

しかしそれも個性の現れであり、その人の首の太さや髪の太さや量により生え方も異なるため、この形!という決まった長さやくびれの形があるわけではありません。

人それぞれの髪の生え方に合ったみつえりを作るのが1番美しいうなじなのです。

 

えりあし脱毛の失敗とは?

うなじはただもじゃもじゃ生えている産毛がなくなればいい!

と、いうわけではないということは「みつえり」でおわかりいただけたと思いますが、近年大変残念なえりあし脱毛をされてしまっている方が多くいます。

えりあし脱毛には次のような

「W型」

「U型」

「直線型」

などがあります。

このうち最もしてはいけない型が「直線型」と「U型」です。

毛深かったり産毛が多かったりするとどうしてもすっきりしてしまいたい気持ちもわかりますが、直線型やU型で取ってしまうと「みつえり」がなくなり、男性っぽいえりあしになってしまうため、女性としての「うなじの色っぽさ」が欠けてしまうのです。

産毛もなく、いきなり髪になってしまううなじは、かつらをかぶっているような違和感が出てしまいます。

うなじ脱毛をお考えの方はきちんとしたうなじ(襟足)について勉強をされている理容師さんに事前シェーブをお願いし、自分のうなじにはどのような形が一番合うのか相談をしてみてください。

せっかくうなじ脱毛をされるなら、自分に合った女性らしいうなじを手に入れ、うなじ美人を目指しましょう。

 

みつえりが似合わない人

唯一女性でも「みつえり」が似合わない人、みつえりにしない方がいい人、という方がいます。

それは女性で「えりあしぎりぎりのショートボブにされている人」です。


出典:ビューティーBOXヘアスタイル

このようなショートボブにされている場合、元々のみつえりが長い人は残してしまうと両サイドの長い部分が飛び出て見えてしまうため、みつえりが似合いません。

両サイドの長い部分のみをボブに合う程度に脱毛されされるしかありません。

しかし、ヘアスタイルは一生同じ髪型にされている方は少なく、今後ヘアスタイルを変える場合、やはり直線型に脱毛をされてしまうと髪を伸ばしてアップにされる時に違和感のあるうなじになってしまうので、今のヘアスタイルに合わせて脱毛をするのではなく、自分のうなじに合わせたヘアスタイルにするようにされるのが1番ではないでしょうか?

0

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2018-5-25

    本当はいいの?悪いの?髪や肌にいいとウワサの【ケイ素】はシリコン?!

    最近頻繁にシャンプーなどの宣伝文句として記載されている「ノンシリコン」 ノンシリコン、ノンシリ…
  2. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  3. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  4. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  5. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 最近頻繁にシャンプーなどの宣伝文句として記載されている「ノンシリコン」 ノンシリコン、ノンシリ…
  2. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  3. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
ページ上部へ戻る