【白髪染めと黒髪戻しの違い】ブリーチ後の黒染めは何を使えばいい?

ブリーチやヘアカラーで髪を明るくした後、髪を黒くしようと思ったことはありませんか?

一般的に「髪を黒くしよう」と思った場合、考えられる方法としては「黒髪戻し」や「白髪染め」「黒染め」などが考えられると思います。

どれも同じ髪を黒くするものだから、どれも中身は同じと思われている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実は元々白髪用に作られている「白髪染め」と黒髪用に作られている「黒髪戻し」などでは、その中身の成分や効果には大きな違いがあります。

黒く染めてしまってからでは遅い!

その中身の違いについて徹底検証します。

黒く染めるのに脱色成分が入っている?!

まずヘアカラーはどのような構造で出来ているかはご存じでしょうか?

通常のヘアカラーは脱色成分(ブリーチ作用)+色素で構成されています。

毛髪内部のメラニン色素を破壊して髪を明るくしながら、そこに色素を入れることで希望の髪色を作っています。

この脱色効果+発色効果のバランスにより、髪色に違いが生まれます。

よく「ブリーチなしでこの色はできますか?」そぅお聞きになる方がいますが、実はブリーチを単体でしなくても、すでにカラー剤にはブリーチ成分は含まれているのです。

なので、ブリーチ単体ほどの量が含まれてはいないので、極端に明るくはできないものの、ある程度までは髪を明るくすることができますし、また、ブリーチを単体でしていないからと言って、髪が傷まないわけではありません。

では「黒染めは黒くするのだから脱色成分は入っていないのではないか?」と思われるかもしれませんが、実は、黒染めと言われる暗色カラーにも、黒髪戻しにも、そして、白髪染めにも脱色成分は配合されています。

自ら持つメラニン色素は抜きつつ、黒色を入れ込んでいるのです。

黒染めや黒髪戻しなどをされた際、髪色が不自然なほどの黒になったことはありませんか?
それは、このためだったのです。

では、同じ髪を黒くする「白髪染め」と「黒髪戻し」にはどのような違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

白髪染めと黒髪戻しの違いとは?

「白髪染め」と「黒髪戻し」はどちらも同じ髪を黒くする効果があります。

しかし、決定的な違いがあります。

それは、ブリーチ前、元々の髪に白髪が「ある」「ない」で染めた後に違いが現れてしまうことです。

白髪染めはアルカリカラーです。

白髪はキューティクルが厚いと言われているので、薬剤を浸透させるためにキューティクルをしっかり開く必要があるのでアルカリ剤が用いられます。

メラニン色素を分解する脱色作用があり、黒髪を脱色しつつ希望色に染めるため、白髪と黒髪の仕上がりの色の差が小さいので、たとえ染める前の毛に白髪が混じっていたとしても綺麗に染めることができます。

一方、黒髪戻しは酸性カラーでメラニン色素を分解する脱色作用はあまり強くありません。

なので黒髪戻しを白髪染めとして使用した場合、元の髪色の上に色を重ねるため黒髪と白髪では色の差が目立ってしまうことがあるため、白髪染めには向いていません。

●もともと黒髪を茶髪にした場合→黒髪戻しがおススメです。

髪戻しで染められた方が髪を傷めず、自然な黒髪に戻ります。

白髪染めで染めてしまうと黒髪の脱色成分が強いため、髪がゴワつきます。

マンダム/ギャツビー ターンカラー ナチュラルブラック

●もともと白髪の場合→白髪染めがおススメです。

黒髪戻しで染めた場合、黒髪と白髪で均一に染まらず村になりやすくなってしまいます。

ルシード ワンプッシュヘアカラー ナチュラルブラック 50g (医薬部外品)

●もともと白髪交じりの茶髪の場合→綺麗な茶髪になっている場合は黒髪戻しがおススメですが、白髪が見えている茶髪の場合は白髪染めがおススメです。

このように、黒くする前の髪色の状態で、何を使った方がいいのかが分かれます。

スポンサーリンク

「黒染め」の定義とは?

一般的に黒染めと言われていますが、「黒染め」というカラー剤があるわけではありません。

また、美容師さんによっても見解はさまざまです。

●5レベル以下が黒染め

●3レベル以下が黒染め

●8レベルが境界線

など意見はさまざま。

要するに「黒染め」にはコレ!という定義はありません。

そして「黒染め」と「暗染め」もまたどちらも同じで定義はありません。

本来の自然な髪色は人それぞれ違うので、元の髪色を基準とされるといいと思います。

元の髪色がちょっと明るめの茶色なら、その色が基準です。

髪色を明るい色から元に戻すのも、それより黒くする必要はありません。

元の髪色に戻すこと=「素髪色戻し」

コレでいいのです。

ただ、日本人は基本黒髪の方が多く、基準を=黒髪としがちです。

バイトの面接や、就活などで髪色を黒くされる方もまた多くいます。

しかし「黒染め」は1度してしまうと、次にまた明るくしたくても、なかなか明るくしたり髪色チェンジはできません。

それは黒染めは、その他のヘアカラーに比べ、色素が定着しやすいように作られているため、1度入れてしまうと抜けにくいのです。

今後何年も黒髪のままにする!という場合を除き、今後もカラーチェンジのご予定がある方は、黒染めではなく、「暗染め(今のカラーより暗く染めること)」をおススメします。

6トーン程度までは染料の割合が多いと言われているので、カラーチェンジをお考えの方はなるべく7トーン程度までの暗染めにしておきましょう。


Users who have LIKED this post:

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  4. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…
  5. 2017-6-20

    炭酸シャンプー【Le ment(ルメント)】実際に試してみた検証レビュー!

    山田優さんやダレノガレ明美さんなど、数々の有名女優さん達も愛用しているという炭酸シャンプー【Le m…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
ページ上部へ戻る