前髪が浮く!【前髪のクセ】まとまらない前髪のための3つの改善方法

前髪が浮いちゃう!

額が富士額で…。
前髪のクセが強烈でアイロンをかけてもすぐうねっちゃう!
なんていう前髪のお悩みを抱えている方は多いですよね。
そんな前髪のクセの改善方法をご紹介します。

改善方法1:前髪の量を増やす

生え際はクセが強い人が多いです。
そのため、できればシースルーバングなどのような「薄め前髪」はNG!
「厚め前髪」や「ぱっつん前髪」などにされると気にならなくなることが多いです。
髪が細い人や薄い人、生え際から遠ざかるほどクセがなくなるという人におススメの改善方法です。
また、サイドの毛量が多い人にも有効です。
スポンサーリンク

改善方法2:縮毛矯正

前髪の生え癖やうねりなどに有効な方法です。
ただアイロンをかけるだけだと、髪が汗や雨で濡れた時にどうしてもまたうねりが出ますが、縮毛矯正で薬液処理をするとたとえ濡れても髪はまっすぐなままです。
ただし、クセがよほど強い場合、髪が伸びてくると根元のクセが影響し、髪はまっすぐなのにあらぬ方向を向いてしまったり、根元のクセが目立ってしまう場合があります。
前髪のみの縮毛矯正のメニューを作っている美容院もあるので、そのようなメニューを利用すれば割安で利用できます。

改善方法3:ヘアリセッター

通常1つの毛穴から数本の毛が生えていると言われています。
これらが絡まりあうことでくせ毛やつむじ割れ、前髪の流れやうなじの持ち上がりなど様々な不都合が生まれています。
これらを、「ヘアリセッター」という特殊なハサミを使い、1本1本の向きを矯正しながら根元からカットすることで、絡まりのない素直な髪質に仕上げるというカット方法です。
特に前髪やつむじ、うなじなどの「生えグセ矯正技術」とも言われている方法なので、前髪のクセでお悩みの人にはうってつけの方法です。

ただし!こんなヘアリセッターにもデメリットはあります。
結局のところ、根元からあらゆる方向に向いてしまっている毛をカットしているということなので、新しい髪が伸びてきた時にぴょんぴょんと短い髪がたくさん生えて来てしまうと言うこと。
そのため、1~2ヶ月以内でのカットメンテナンスが必要になります。


出典:YouTube

ヘアリセッターのメリットとしては、縮毛矯正など薬液による施術をしなくても、カットだけで生えグセやうねりの改善ができるため、髪にダメージなく尚且つハリやツヤが生まれると言うもの。

現在、このヘアリセッターのカットを受けられるところは全国の理美容院で40店舗ほど。
お近くのサロンをお探しになってみてください。

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2018-5-25

    本当はいいの?悪いの?髪や肌にいいとウワサの【ケイ素】はシリコン?!

    最近頻繁にシャンプーなどの宣伝文句として記載されている「ノンシリコン」 ノンシリコン、ノンシリ…
  2. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  3. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  4. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  5. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 最近頻繁にシャンプーなどの宣伝文句として記載されている「ノンシリコン」 ノンシリコン、ノンシリ…
  2. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  3. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
ページ上部へ戻る