育毛や白髪に効果アリ?!【白ごま油】で若返り!

ゴマとは?

昔からゴマは栄養価の高い食品として知られ、生薬としても用いられた。
種皮の色によって黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマに分けられるが、栄養的にはほとんど差がない[15]。黒ゴマの皮の部分にはタンニン系ポリフェノール色素を多く含んでいる。
カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラルが多く含まれ、骨粗しょう症の予防や貧血の改善に効果がある。タンパク質、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、B1、B2、B6、Eや葉酸が豊富に含まれている。ゴマには抗酸化物質として働くリグナンが含まれており、ゴマの代表的なリグナンはセサミンである。ゴマ自体も抗酸化作用を持ち、活性酸素が体内で生成されるのを抑え、肝臓機能を強化し細胞の老化やガン化を抑制する作用がある。脂質はオレイン酸、リノール酸が80%を占め、タンパク質も豊富に含み、コレステロール抑制にも効果もある。

引用:Wikipedia

このようにゴマにはさまざまな栄養素がぎっしり。

また、食べるだけでなく、セサミオイル(ゴマ油)という美容系のオイルとしても使用されています。

上記にも記載されている通り、セサミオイルの主成分(80%)はオレイン酸とリノレン酸という不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は頭皮を正常にかつ健康に保つ上でかかせない栄養素です。

ミネラルとビタミンも豊富で、特にビタミンEが多く含まれているので血行促進と新陳代謝の促進効果が期待できます

また不飽和脂肪酸による酸化をビタミンEが防ぎ、その働きを強くしてくれる役目も担っているので、共に含まれているゴマは抜け毛や薄毛が気になる方にぜひ摂って欲しい食材なのです。

新しい細胞を作るために必要な亜鉛や、髪の成長を促すビタミンB2が含まれているので髪にとってはこの上ない食材&成分なのです。

1日の推奨摂取量は大さじ1杯ほど。

ゴマにはホルモン用物質(リグナン)も含まれているので、ホルモンを活発にすることで髪の老化予防や、抜け毛予防にも効果があり、さらに白髪を少なくする効果もあると言われています。

 

【白ゴマ油】の白髪予防効果

ゴマには「銅」が100g中、2,52mg含まれています。

銅はメラニン色素が作られる時に必要な「チロシナーゼ(酵素)」の合成に必要な成分です。

白髪になる原因は加齢による老化や活性酸素によるものなどいろいろありますが、その原因の1つが、この銅が不足するということです。

髪の毛は18種類のアミノ酸により作られていますが、そのうちの1つ「チロシン」が髪を黒くしてくれる元になります。

チロシナーゼ(酵素)がこのチロシンを酸化し、黒いメラニン色素に変えているのです。

要するに、髪が黒くなるためにはチロシナーゼが欠かせません。

チロシナーゼの材料になるのがこの「銅」なので、銅がなければ黒髪は作られず、白髪になりやすいのです

 

【白ゴマ油】の育毛効果

ゴマの中にはポリフェノールの一種であるタンニンとリグナンという抗酸化物質として知られる成分が含まれています。

セサミンやセモール、セサミノールも同じリグナンの一種になります。

ゴマに含まれるリグナンの含有量は100g中、40mg含まれています。

リグナンには次のような効果があります。

<リグナンの効果>

●抗酸化作用

●血中コレステロールの低下

●アレルギーの抑制作用

●ガン細胞の増殖抑制効果

●肝機能改善効果

●更年期障害の改善

など、さまざまな効果を併せ持っています。

リグナンはゴマ以外の植物にも広く分布していますが、ゴマに含まれる含有量は突出していて、ゴマの重量全体の約0.8%と言われています。

 

女性ホルモンと同様の作用

ゴマリグナン女性ホルモンを増やす効果が期待できる成分です。

ポリフェノールの一種なので、強い抗酸化作用があります。

また体内で女性ホルモン(エストロゲン)と老幼の作用をみせるため、女性特有の症状である更年期障害の各症状(うつやイライラ、めまい、火照り、多汗など)に効果が期待できます。

 

 

 

【白ゴマ油】の使用法

白ゴマ油は、普通のゴマ油と違い、焙煎せずに生のまま絞っているため、あの独特の茶色い色やニオイがありません。

 

アロマオイル専門店などでは「セサミオイル」として、すでに加工済みのものが販売されています。

ビューティー セサミオイル/ピュア(無香料)【100ml】セサミオイル/オーガニックケア/マッサージ/オイル/保湿オイル/紫外線対策/美白/ニキビ跡/シミ/乾燥肌/オイリー肌/毛穴/肌荒れ/ホワイトニング/低温圧搾/無精製/セサミン/コールドプロセス/生オイル

感想(1070件)

スーパーなどに販売している「太白ごま油」などを購入して使用とした場合は、「キュアリング(加熱処理)」をした方がベストです。

太白ごま油は100%純粋なごま油ですので、ニオイが少なく、サラリと使用できるため、安心してヘアケアにも使用できます。

マルホン【太白胡麻油1650g 太白ごま油 白いごま油 白い胡麻油】竹本油脂 NHK あさイチ 5/23

感想(20件)

<キュアリング(加熱処理)のやり方>

①厚めの鍋に作っておきたい分だけのゴマ油を入れます。

②冷たいままの状態で温度計をさして弱火で徐々に加熱します。(急速に上がってくるので注意)

③90~100℃になったら火を止めます。

④耐熱用の遮光ガラス瓶などに移して、冷暗所で保管します。

 

【白ゴマ油】で頭皮マッサージ

①シャンプー後、セサミオイル(白ゴマ油)を頭皮と髪にもみこむようにマッサージします。

②ラップやホットタオルで頭を包み、10~30分ほど時間を置きます。

③シャンプーで洗い流します。

<効果>

●血流改善…頭皮の血流アップや栄養を補うことで、育毛効果が得られます。

●トリートメント効果…タンパク質である髪の毛にうれしいトリートメント効果も。

●頭皮の皮脂除去…毛穴につまった皮脂や汚れを浮かせてくれる。

●頭皮のニオイ除去…ゴマリグナンによる抗酸化効果で頭皮の皮脂の酸化によるニオイを除去します。

●小顔効果…頭皮と顔はつながっています。

頭皮が1mm下がると、顔は3mm下がるとも言われています。

頭皮をマッサージすることで、小顔効果やリフレッシュ効果も期待できます。

 

【白ゴマ油】でオイルプリング(白ゴマうがい)

①キュアリングした白ゴマ油(大さじ1)を口に含みます。

②のどの奥まで行きわたらせるようにうがいをします。

③白湯でよく口をすすぎます。

できれば寝起きの朝一番に、このうがいをするのがいいと言われています。

舌の裏は吸収率が高く、口に含むことで効率よくゴマリグナンを吸収することができます。

白髪予防や抜け毛予防、また血管のお掃除、老化防止などにも効果的です。

歯茎も健康になり、歯のくすみ予防にもつながります。

 

 

 

関連記事

頭皮のピリピリ

  1. 2017-9-19

    やめたいのにやめられない!毛を食べる【食毛症】の原因や対策とは?

    先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 2017-9-17

    【髪のパサつき】どうにかしたい!本気で改善したい人に必要なものとは?

    「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 2017-9-14

    【髪の毛先はなぜ細い?】毛先が細い5つの理由と薄毛の関係とは?

    髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
  4. 2017-6-23

    アミノ酸100%シャンプー【アミノマスター】を実際に試してみた検証レビュー

    多くのモデルさん達にも愛用されている【アミノマスターモイストリッチシャンプー】 実際に購入し、…
  5. 2017-6-20

    炭酸シャンプー【Le ment(ルメント)】実際に試してみた検証レビュー!

    山田優さんやダレノガレ明美さんなど、数々の有名女優さん達も愛用しているという炭酸シャンプー【Le m…

へあとらぼ~hair trouble laboratory~髪のお悩み研究所

数あるサイトの中から当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 このサイトは髪や頭皮のトラブルなど、どうしたらいいか悩んでいる方に少しでも参考にして頂けたら、という思いの元開設しました。 皮膚科に行こうと思ってはいるけど…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方は数多くいます。 髪型は気になるけど美容院に行こうか…そう思ってはいても二の足を踏んでいる方もまた、数多くいます。 敷居が高いのはわかりますが、その悩みには自己解決できることもあれば、一刻も早く病院に行かなければならない症状の方もいます。 手遅れにならないためにも、このサイトが少しでもそんな方の後押しができれば幸いです。 予告なく、記事の変更がある場合がありますが、ご容赦ください。

ピックアップ記事

  1. 先日、恐ろしいニューズが飛び込んできました。 【食毛症】の16歳の少女が腹膜炎を起こして亡くな…
  2. 「パサパサ」する髪の毛で悩んでいる方はたくさんいます。 パサツク髪でお悩みの声 私の髪は昔か…
  3. 髪の毛を絵で描く時、あなたはどのように描きますか? 大抵は絵筆のように根元から毛先に…
ページ上部へ戻る